論文がスポーツパフォーマンス研究に受理されました。

本学人間科学研究科の院生である道下慈英君が学部の卒業研究として行った論文”ディンギーセーリングでのハイクアウトフォームにおける足関節角度の違いがハイクアウトテストの持続時間と下肢の筋活動電位に及ぼす影響スポーツパフォーマンス研究に受理されました。